群馬住宅購入予算診断所  > お役立ち情報  > 借り換え諸費用を抑える方法

借り換え諸費用を抑える方法

2fd5fc65e03baf4224fe0648420ba1f1_s

低金利時代、すでに住宅ローンを借りている方は
「住宅ローン借換」検討していますね。

借換とは、いま借りている金融機関から別の金融機関の
住宅ローン商品に変えることを言います。

携帯、スマホの「乗り換え」のようなものです。

7805480a3957e8604fafa687f150580f_s

借換の一定条件としては

① 住宅ローン残高 『1000万円以上』ある
② 住宅ローン金利差 今と比べて『0.3%以上』ある
③ 住宅ローン返済期間『10年以上』残っている

ひとつでも当てはまる場合には有効です。
注意!!
借換するためには諸費用を支払う必要があります。
借換するためには、残高に応じて違いますが
たとえば残高2000万円の場合は57万円になります。

*三井住友信託銀行HP利用

image1_4

手持ち資金から出すか?
いまの住宅ローンに上乗せして
この分を借りる事も可能です。

しかし、
「手持ち資金の減少」「ローンの増加」となります。

このようなデメリットを踏まえたうえであれば
現在の支払額を抑えることは十分可能なので
借換する方が多い理由です。

2000万円に対して約60万円・・・

 

麻痺してしまいますよね?

 

 

もっと手軽に返済額抑える方法はないの?

 

 

あります。

いま借りている金融機関と交渉して今より
金利を下げてもらうことです。

契約を変更してもらえば、諸費用1万円ほどで
返済額の負担を軽減できます。

このような具合です。
弊社スマイルFP事務所が交渉し結果を得ることができました。

image1_2

条件変更前 1.45% 80,338円(月々の返済額)

条件変更後 1.00% 76,293円(月々の返済額)

差額 4,045円

この方は、10年固定金利でしたので、

総額約48万円分の負担を軽減できたことになります。

効果を得られる人は、即行動をしますね。

 

群馬住宅購入予算診断所
スマイルFP事務所合同会社
027-251-8058
外出していることが多いため、お問い合わせ欄より
お問い合わせ頂ければ幸いです。

お電話でのお問い合わせはこちら

027-251-8058

10:00~16:00 木・金・土
こちらの番号が繋がらない場合は、携帯電話090-2640-0885までお電話下さい。
ご相談は土日・早朝・夜間も可能です。