群馬住宅購入予算診断所  > お役立ち情報  > 金利上昇に対応するには

金利上昇に対応するには

推移

2013年3月からの金利推移をみると、
フラット35金利では、2013年7月に2.05%だったものが
2016年8月には、1.15%金利が下がり0.90%となった。

しかし、その後は、同年9月には、1.02%となり、
10月には、1.06%と上昇、
11月には1.03%と下がったが
今月12月には1.10%と上昇している。 

金利は常に上昇下降を繰り返すものです。

これから、徐々に上がるかもしれませんし、
さらに下がるかもしれません。

将来のことは誰もわかりません。

しかし、これを利用できれば、その時の金利から0.3%優遇を
最大10年間受けることができます。

 

それは、フラット35Sです。

期限がありますが平成29年3月31日までに申込み受付しておけば
権利を得られます。

hrt35s

 

群馬住宅購入予算診断所
スマイルFP事務所合同会社
ファイナンシャルプランナー

家族の笑顔大好き
栗原昭博
IMG_3349 - 切り取り反転

お電話でのお問い合わせはこちら

027-251-8058

10:00~16:00 木・金・土
こちらの番号が繋がらない場合は、携帯電話090-2640-0885までお電話下さい。
ご相談は土日・早朝・夜間も可能です。