群馬住宅購入予算診断所  > お役立ち情報  > 45歳(年収500万円)妻・子供(2人)の場合

45歳(年収500万円)妻・子供(2人)の場合

建物2500万円 土地1500万円 で検討していた。
妻収入(250万円)あり
家計貯金600万円

住宅ローン3300万円 借りることができた。
月の返済額は、122,657円

どんな住宅ローンにしたのか?と確認すると・・・
「変動金利」とのこと。

借りられるということに「安心」し、どんな金利なのか?
については、気にしていなかった。

「変動金利」の説明をすると、
将来が心配になりシミュレーションしてみると・・・

年収500万円00

金利が変わらなかったとしても、将来家計の貯蓄は底をつくことがわかりました。

さらに返済期間は70歳まで。定年後は払えませんよね?(グラフでもわかるように)

年収500万円01

「借りられる」という事と、「返し続ける」ということは違います。

「今日は、眠いからあと少し寝ていたい」
「ダイエットは明日から、今日は大好きなスイーツたべちゃおう!」
というように、

「今月は、支払できないから払えない」
というわけにはいきません。

●では?どうしたら良いか?

この場合、まずローンの額が家計にあってないことになります
(変動金利であっても返すことができない)

まず、
建物(2500万円)の見直し・土地(1500万円)の見直しをする必要があります。

建物を2500万円、土地を1000万円に見直し。

返済期間を20年。
金利優遇の大きく長期固定金利で安心なフラット35sへ変更

年収500万円02

69歳頃に、危うい時期はありますが、大幅な見直しが可能に。

将来どのように家計が変化していくのか?を見る必要があります。

年収500万円03

夢は、色々と膨らんでいきますが、「借りられる額」でなく、
「返せる額」で考えて下さい。まずは、「資金計画」「生活設計」を。
マイホーム取得には、
事前の「生活設計」「資金計画」が重要です。

 

お電話でのお問い合わせはこちら

027-251-8058

10:00~16:00 木・金・土
こちらの番号が繋がらない場合は、携帯電話090-2640-0885までお電話下さい。
ご相談は土日・早朝・夜間も可能です。