群馬住宅購入予算診断所  > お役立ち情報  > 正しいマイホーム購入手順

正しいマイホーム購入手順

a1b43558f65a0ef582ed9c63ece557c9_s

先日、江の島、鎌倉へ出かけてきました。

目的地は、江ノ島亭(食事)~江の島岩屋銭洗弁財天鶴岡八幡宮鎌倉大仏源頼朝の墓
息子が、「源頼朝の墓に行きたい!!」
それなら、「江の島岩屋に行きたい!!」と妻
鎌倉行くなら、「鎌倉大仏、鶴岡八幡宮」行きたいと私。
(それほど距離もなさそうだったので)

 
どんな結果だたっというと

江ノ島亭(食事)江の島で食事~江の島岩屋銭洗弁財天鶴岡八幡宮源頼朝の墓鎌倉大仏

 

江の島岩屋(出典:江の島岩屋)*①②の写真は江の島岩屋HPより

江の島岩屋1  ②江の島岩屋2

image3  ④image2

源頼朝の墓

 image4

鎌倉大仏

(拝観時間に間に合わず、門の外から観光客の親切なおじさんが写真を撮ってくれました)

13226735_985743204808908_7437535658940194210_n  image1

 

江の島へ行くまでに時間を要し、江の島でかなり滞在してしまい
その後、源頼朝の墓へ向かい・・・ここでも駐車場から距離があり
時間がかかってしまった(泣)
まあ、娘(3歳)が曲者でした。
(2歳児3歳児がいるご家庭はわかると思います)
一番は、私が良く確認せずに出発してしまったことが原因ですが。

 
原因としては

1・移動時間や現地の事をきちんと調べてなかった(周辺や混雑具合など)を確認しなかった。
2・娘の行動を加味したものでなかった。
3・目的の場所を1ケ所に集中しなかった。(江の島か鎌倉)
なんとなく思いつきで出発してしまったことがいけなかったですね。

 

 
これってマイホーム購入する場合にも、気を付けたいことです。

 

まず、正しい手順で行うことが必要です。

多くの方が、

① 住宅展示場 ② 間取りプラン ③資金計画 になりがちですが
これは正しい手順ではありません。

 

正しい手順は、① 資金計画 になります

 

理由は、住宅展示場などへ出向き、そこで具体的な間取りプランなどあがると
夢やあこがれが先行してしまい、あなたに適したマイホーム購入額になりません。
多くの方(5組中4組)が、思っていた予算よりオーバーしています。(当社相談者からのヒアリングにて)

 

はじめから、「まあ予算オーバーは仕方ないかぁ~」

とはじめてしまうと、

どんどん予算オーバーになっていきます。
お金のことが麻痺してしまうから。数万円、数十万円、数百万円、あっという間ですよ。
正しい順番の 「資金計画」から行うことで
あなたが買っても良いマイホーム予算がわかります

 

 

この額がわかれば、住宅展示場へいったとして、ぶれることはないです。

 

なぜなら、このマイホーム予算額をオーバーすることは、あなたの将来が変わるからです。

 

3年や10年以内なら大丈夫のウチも、10年超、20年となってくると生活は変わり、
住宅ローンと子供の大学、給与も上がらなくなる50代が重なると「赤信号」のご家庭が出てきます。
この時期を乗り越えられる「資金計画」であることが必要です。

無題

 

この資金計画は、各ご家庭によって違いますね。年収が同じ家庭でも、生活は違いますから。
あなたのご家庭にあった生活設計のもと資金計画となります。
あなたの家庭にあっていることが大事です。

 

そして、マイホーム購入は多くの方が初めて。
さらに、住宅ローンを借りる事も初めて。
知らないことばかり。ネットには情報があふれていますが、どれがあなたのご家庭にあったものか?
しかも、同時に2つのことが進んでいきます。(マイホーム(作り)購入、住宅ローン(選び)手続き)

 

限られた時間の中、2つの事に集中することになります。
かなりのエネルギーを消費します。

打ち合わせは、夜や休日。
仕事で疲れた夫。共働きの夫婦。
手慣れた住宅業者の言葉がわからない。
流れがわからぬまま進む私たちのマイホーム(作り)購入。
帰宅後、夫婦お互い顔を見合わせ「?」が浮かぶ
知らぬ間に「ミス」発生。
疲れから、夫婦喧嘩になることも。「一人の時間が欲しい・・・」
最初の不段階よりかなりの予算オーバー。
結局、家賃より多い住宅ローン返済。(しかも、変動金利)

 
まずは、一番重要な「資金計画」に集中すること。
これが決まると概ねマイホーム(作り)購入はできたようなもの(過言ではありませんよ)

 

 

あとは、マイホームに集中すれば良いだけ。

 

マイホーム購入予算診断実施中!!

IMG_3349 - 切り取り反転

スマイルFP事務所合同会社

栗原昭博

 

お電話でのお問い合わせはこちら

027-251-8058

10:00~16:00 平日・土日祝日(不定休)
こちらの番号が繋がらない場合は、携帯電話090-2640-0885までお電話下さい。
ご相談は土日・早朝・夜間も可能です。