群馬住宅購入予算診断所  > お役立ち情報  > 配偶者控除201万円まで減税…段階的に縮小

配偶者控除201万円まで減税…段階的に縮小

パート主婦配偶者控除、150万~201万円で段階縮小

パート主婦配偶者控除、150万~201万円で段階縮小 日本経済新聞電子版より

 

配偶者控除とは、

配偶者(妻または夫)の収入が103万円以下の場合、
世帯主(夫または妻)の給与所得から38万円を引き、
世帯主の納税額を少なくすることです。

 

今回のニュースは103万円以上収入を得たい配偶者への減税です。

 

配偶者のパート収入が、
103万円を超えて104万円になってしまったからといって
急に何の控除も受けられなくなるわけではありません。

パート等による収入が103万円超141万円未満
(所得金額38万円超76万円未満)の間は、
段階的な所得控除を受けられる「配偶者特別控除」
が設けられています。

141万円までは配偶者特別控除となります。
段階的に所得控除を受けることができます。
image1

出典:国税庁HPより

収入114万円の場合
給与所得控除額65万円を差し引き
配偶者の合計所得金額49万円 となり
⇒ 配偶者の合計所得金額の欄の45万円以上50万円未満をみると
  配偶者特別控除の控除額が、31万円となることがわかります。

 

これからの季節(11月、12月)は、103万円の壁(これ以上収入を得ると38万円控除されない)があり、働くことを調整する方も多くいます。
そうなると雇う方としては、人材不足になり困ってしまいますね。
働く方は、103万円の壁があり、それ未満で働く。だけど、収入を得たい。

103万円以上収入を得たい配偶者への減税対策になります。

働くこと、家庭のこと、自分のこと、そして将来のこと
バランスよく丸く収まるようにプランできるといいですね。

群馬住宅購入予算診断所
スマイルFP事務所合同会社
家族の笑顔大好き
栗原昭博
IMG_3349 - 切り取り反転

 

 

お電話でのお問い合わせはこちら

027-251-8058

10:00~16:00 木・金・土
こちらの番号が繋がらない場合は、携帯電話090-2640-0885までお電話下さい。
ご相談は土日・早朝・夜間も可能です。