群馬住宅購入予算診断所  > お役立ち情報  > 大手銀行の住宅ローン金利引き上げ、フラット35金利引き下げ

大手銀行の住宅ローン金利引き上げ、フラット35金利引き下げ

 

6f09ba72250d1ca86448553aabd7abc8_s

大手銀行の住宅ローン金利は引き上げられ、
フラット35の金利は引き下げられました。

大手銀、4月の住宅ローン金利引き上げ
フラット35 4月金利

10年固定とフラット35とどちらが良いのでしょう?
というご相談はあります。
10年固定金利の人気はあります。
今回10年固定があげられた場合と
フラット35が下げられた場合
どちらが良いのか?

住宅金融支援機構ホームページ内にある
返済シミュレーション
を利用してシミュレーションしてみました。

このような場合には
返済総額に約360万円の差が生じます。

●固定金利選択型(10年固定を更新)10年毎に金利1%づつ上がる場合

●完全固定金利(フラット35) 1.19%

●完全固定金利(フラット35S 当初10年間 0.89% 11年以降 1.19%)

経理003

将来金利が上がると思えば完全固定金利の方が良いでしょう。

家庭でどれくらい住宅ローンの返済額に耐えられるか?
ここを把握する必要があります。

 

マイホーム購入予算診断実施中です。

IMG_3349 - 切り取り反転

 

お電話でのお問い合わせはこちら

027-251-8058

10:00~16:00 平日・土日祝日(不定休)
こちらの番号が繋がらない場合は、携帯電話090-2640-0885までお電話下さい。
ご相談は土日・早朝・夜間も可能です。