群馬住宅購入予算診断所  > 相談事例  > 25歳(年収300万円)ご夫婦・お子様(1人)

▼ 25歳(年収300万円)ご夫婦・お子様(1人)

相談者様のお悩み

私たちは結婚を期にマイホームを購入しようと思っていましたが本当に買っても大丈夫なのだろうか?と心配な面もありました。
それでネットを見ていたら栗原さんの体験談 があり、一度相談しようと相談することとなりました。

本当にマイホームを購入しても大丈夫なのか?

ともに25歳という若いご夫婦です。
ご夫婦はこのように考えていました。

将来(3年後)はお子様希望(1人) している。
1度行ったハウスメーカーから見積もり額(2400万円)をもらっていて、
毎月の返済額は、今の家賃と変わらない7万円弱という
ことだから「大丈夫」だろうと思うけど・・・でも心配というお話。

この7万円の計算根拠は、わかりますか?と聞くと・・・ご夫婦は「わからない」という。
見積もりには「変動金利」と記されていました。
変動金利とは、将来の返済額が確定してなく、上がることもあれば下がることもある住宅ローン商品の1つです。
シミュレーションしてみると以下の様な結果でした。

シミュレーション

シミュレーション1・ゆるやかな金利上昇

 5年ごとに金利が0.5%上昇し、最後15年間は3.5%の場合
当初支払額(月々)は64,444円と家賃並みでしたが、年を追うごとに
返済額は上昇し最後には86,588円となり、総返済額は「3,370万円」
変動金利25歳(2400万円)01

シミュレーション2・急激な金利上昇

当初返済額64,444円。
その後、急激な金利上昇により最終返済額137,374円。
総返済額は、「4,826万円」

過去「変動金利」は8.5%台になったこともあります。(前年より2%上昇した)

いまは、低金利の時代です。住宅ローンを選ぶポイントは
高金利の時代には、下がる見込みがあるので「変動金利」でも良いのですが、
低金利の時代には、金利を固定させておくことが大事です。

当事務所のアドバイスにより、このように改善しました。
変動金利25歳(2400万円)01変更

相談結果

ご夫婦「相談してよかったです。」

住宅展示場に行った時は素敵すぎて舞い上がってしまいました。
あのとき栗原さんに相談しなければ・・・と思うととても怖いです。
マイホームを購入するときは一度立ち止まって今の状態と将来もみることが大事とわかりました。無理のない借入金額を知ることで自分たちに無理のない住宅を手に入れることができるようになります。

”いくら借りいられるか”よりも”いくらまで返せるか”を事前にしっかり把握できたため家を建ててからもお金が貯まる家計を作ることができました。

コメント

住宅展示場などに行くと、綺羅びやかで、気持ちが舞い上がってしまいます。マイホームにかけるお金もどんどん増えていきます。なぜか?というと自分たちの購入できる額が決まってないからです。ですからブレが生じてしまいます。住宅展示場へ行く前にすることは、マイホーム購入予算を把握することです。いくらまで!とわかることが大事です。

>> 相談事例の一覧に戻る

お電話でのお問い合わせはこちら

027-251-8058

10:00~16:00 木・金・土
こちらの番号が繋がらない場合は、携帯電話090-2640-0885までお電話下さい。
ご相談は土日・早朝・夜間も可能です。